試合結果

令和3(2021)年度 春季リーグ戦

  • 4月24日(土)都留文科大学 対 国士舘大学世田谷
  • 4月24日(土)都留文科大学 対 国士舘大学世田谷
  • 4月24日(土)国士舘大学世田谷 対 創価大学
  • 4月24日(土)国士舘大学世田谷 対 創価大学
  • 4月24日(土)創価大学 対 芝浦工業大学
  • 4月24日(土)創価大学 対 芝浦工業大学
  • 4月24日(土)日本大学三崎町 対 北里大学
  • 4月24日(土)日本大学三崎町 対 北里大学
  • 5月29日(土)-30日(日)国士舘大学世田谷 対 創価大学
  • 5月29日(土)-30日(日)国士舘大学世田谷 対 創価大学
  • 5月29日(土)-30日(日)国士舘大学世田谷 対 創価大学
  • 5月29日(土)-30日(日)国士舘大学世田谷 対 創価大学

シーズントピックス

大会概要

春季大会

大会特別ルール

表彰選手

最優秀選手 宮崎 紘(国士舘大学世田谷

第2ラウンド

春季大会

試合結果

第1ラウンド

プールA

順位 大学 留文大 士舘大 価大 浦工大 勝ち点 得失
点差
4 留文科大学 × × × 0 3 0 0 -28
1 士舘大学世田谷 3 0 0 9 +21
2 価大学 × × 1 2 0 3 +2
3 浦工業大学 × × 1 2 0 3 -13
都:都留文科大学、国:国士舘大学世田谷、創:創価大学、芝:芝浦工業大学

試合結果

プールB

順位 大学 日大崎町 東京市大 日大 里大 勝ち点 得失
点差
3 日本大学崎町 × × × 0 3 0 0 -20
1 東京市大学 3 0 0 9 +27
4 日本大学工学部 × × × 0 3 0 0 -27
2 里大学 × × 1 2 0 3 -16
三:日本大学三崎町、都:東京都市大学、理:日本大学理工学部、北:北里大学

試合結果

リーグ戦規定

  1. 名称
  2. 本連盟の主催による公式試合の名称は、新関東大学準硬式野球リーグ戦(以下、リーグ戦)とする。
  3. 会期
  4. リーグ戦は、春季及び秋季に開催し、原則として以下の通りとする。
     春季 3月下旬から5月末日
     秋季 8月下旬から10月末日
  5. 使用球による区分
  6. 本リーグ戦は、準硬式にて行う。
  7. 適用規則
  8. 開催年度の日本野球機構の発行する「野球規則」、全日本軟式野球連盟が発行する「競技者必携」の最新版及び「試合会場における特別設定規則」によるものとする。
    また、関東地区大学軟式野球連盟発行の「競技運営に関する注意事項」及び「審判長注意事項」に準ずることとする。
  9. 構成
  10. リーグの構成は、以下の通りとする。
     一部リーグ 6校
     二部リーグ 6校
     三部リーグ 4校
    新規加盟、脱退があった場合は、その時点において協議し構成校数を決定する。 また以下の場合、その季に限り構成校数の変更ができる。
    1. ① 上部所属校が何らかの事由により降格となり、下部所属校に昇格権利を有する大学が存在しない場合。
    2. ② 休部による参加校数の減少により、リーグ戦が構成できない場合。
  11. 参加費
    1. ① 選手登録費 一季あたり(春季リーグ戦、秋季リーグ戦それぞれ)、2,000円
    2. ② チーム登録費 一季あたり、一部は50,000円、二部と三部は40,000円
  12. リーグ戦形式
  13. リーグ戦は、春季2回戦総当り、秋季1回戦総当りにて行う。
    ただし、リーグ構成校数が3校となった場合、秋季にて2回戦総当りとすることができる。
  14. 選手の登録
    1. リーグの登録資格及び要領
    2. リーグ戦への出場は、規約による資格を有する者とし、本連盟へ登録された者とする(以下、登録選手)。 登録は年間登録とし、随時受け付ける。 登録費は年間4000円とする。 ただし、登録費の納付は春季及び秋季での1/2毎の分納を可とする。 また、本連盟の登録選手は関東地区大学準硬式野球連盟の登録者であり、関東地区大学準硬式野球連盟の登録者は、全日本大学準硬式野球連盟の登録者でなければならない。 可能人数は、以下の通りとする。
      選手制限なし
      部長1名(年度内にて入れ替え可)
      監督1名(年度内にて入れ替え可)
      コーチ2名(関東地区大学準硬式野球連盟登録者の中から入れ替え可)
      主務1名
      副務制限なし
    3. 各季の登録
    4. 各季の登録はリーグの年間登録者とし、人員及び背番号は以下による。
      選手部員数背番号:1~25, 31~50
      監督1名背番号:30
      コーチ2名背番号:26~29
    5. 各試合の登録
    6. 各公式試合における登録(出場可能選手)は以下の通りとする。
      登録人員選手25名
      監督1名
      コーチ2名
      注)この他に、部長1名、登録された主務、副務のうち1名がスコアラーとして入場できる。
  15. 順位の決定
  16. リーグ戦の順位は、勝利を3点、引き分けを1点、敗戦を0点とし、その合計点が高い者を上位とする。 同点の場合は、リーグ戦全試合の得失点差、直接対戦の得失点差、前季順位の順で順位を決定する。 ただし、
    1. ① 大会の出場権を得る順位の者が同点で並んだ場合にはプレーオフを行う。
    2. ② 同点の場合、1部と2部の最下位決定を、プレーオフで決めることができる。
    3. ③ 同点の場合、2部と3部の1位決定を、プレーオフで決めることができる。
  17. 各部の入れ替え
  18. 各季、各部リーグ戦における、上位リーグ最下位校対下位リーグ優勝校の対戦による入れ替え戦を1回戦制にて行う。 この勝者が、当該次季リーグ戦の上位リーグに所属するものとする。
    ただし、以下の場合、入れ替え戦を行わず、所属部の入れ替えを行うこととする。
    1. ① 当該季においてリーグ戦に不参加の場合
      不参加校所属部の直下部最上位校が昇格し、当該リーグ戦を行う。 なお、当該季不参加校は次季においては直下部の最上位の扱いとする。
    2. ② 当該季において降格処分となった場合
      降格処分校所属部の直下部最上位校が昇格し、当該リーグ戦を行う。 なお、当該季降格処分校は次季においては直下部の最上位の扱いとする。
  19. 試合の成立
    1. 成立回数
    2. リーグ戦は5回終了にて成立する。 5回完了前に天候、暗黒、会場使用時間制限などによって試合続行不可能となった場合は、その試合は再試合とする。
    3. 特別継続試合
    4. 試合開始時刻が、試合当日の日没時刻から2時間30分前以降に開始する場合は、対戦両校の了解の下に特別継続試合とすることができる。 この場合、継続される試合は会場、審判員を変更できることとする。
    5. コールド試合
    6. 5回以降にて10点差、及び7回以降にて7点差となった場合、コールド試合を採用する。
    7. 延長戦
    8. 延長戦の場合は、試合時間2時間30分を越えて、新しいイニングに入らないこととする。 また、試合会場に使用時間の制限がある場合、その日の最終試合を除いて延長戦は行わない。
  20. 表彰
  21. 以下の各者を表彰する。
    1. 各部 優勝校
    2. 各部 最優秀選手
    3. 各部 最高打率打者(首位打者) ※規定打席:試合数×2.8
    4. 各部 最優秀投手
    5. 一部 ベストナイン
    6. 優秀審判員
    7. 優秀放送員
平成7年2月26日制定
平成14年3月17日改訂
平成16年6月20日改訂
平成17年8月16日改訂
平成18年8月13日改訂
平成19年3月16日改訂
平成19年8月25日改訂
平成20年3月18日改訂
平成25年9月7日改訂
平成27年2月8日改訂
平成28年7月2日改訂
平成30年2月4日改訂
平成30年9月2日改訂
令和2年2月8日改訂

令和3年度 春季リーグ戦 役員

名誉会長 伊藤 博胤
名誉顧問 近藤 勉
会長 藤崎 信一
副会長 吉澤 利美
理事長 三室 陽一
常任理事 根本 賢一 角田 善政 亀谷 崇樹
理事 青木 利弥 井口 恵太郎 石井 肇 石川 智啓 岩附 雄平 岩谷 健司 北川 智啓 木名瀬 英彰 後藤 千絵 関根 久美子 馬場 一郎
監事 井上 準人 角田 善政
関東地区学生委員 梅田 智司(創価大 平田 正明(創価大 長田 藍子(国士舘大学世田谷
学生委員長 久司 大貴(日理工学部
大会委員長 1部: 久司 大貴(日理工学部
2部: 鈴木 丈一郎(東海大学部
3部: 佐藤 玲央(昭和薬
大会副委員長 1部: 畑中 朝陽(都留文 梅澤 伸(国士舘大学世田谷
2部: 鄭 博耀(昭和大 岩瀬 大地(東京都市大
3部: 増田 親樹(多摩美 佐藤 文弥(星薬
学生委員 杉本 優友(創価大 藤井 佳奈(北里大 渡邊 健太(日三崎町) 小野 祥弥(芝浦工 深井 翔太(埼玉医 國行 美羽(日会事業 池田 結衣(横浜薬